自分で修理も可能

ガス給湯器の寿命について

スイッチ一つで温かいお湯が出るガス給湯器。私たちの家庭には無くてはならないものです。その為呼称して使えなくなったりしたら大変です。とても不便になってしまいます。ガス給湯器の寿命と、交換したほうがいいなというサインは士っておいて損はありませんよね。ではまず、ガス給湯器の寿命についてですが、平均10年から15年といわれています。故障の原因としては危機の磨耗であったり基盤の故障といったものが考えられます。そして、ガス給湯器の交換の目安となるサインはいくつかあるのですが、一番分かりやすいのが温度調節が正常に出来なくなった場合です。例えばお湯を出しているのに突然冷たい水が出てきた場合、逆に水を出しているのに急にネットが出てきた場合なんかは明らかに温度調節が出来ていないのですぐに業者に見てもらって交換してもらう必要があるでしょう。

トラブル時には落ち着いて対処を

給湯器のトラブルで一番良くあるのがお湯が出ないというトラブルです。こういった場合はすぐに業者を呼んでしまいがちになるのですが、落ち着いて対処すれば自分で治せる場合もあります。自分で治すことができれば修理に必要な費用が発生しないのでこれに越したこと歯にですよね。まずは、お湯が出なくなったらガスの元栓が開いているか、運転スイッチが入っているか、ガスメーターがガスを遮断してないかを確認します。案外功行った事が原因だったりする場合もあるのです。そして全く水が出ない場合は給湯器ではなくて水道側のトラブルだったりします。特に寒いときなんかは水道管が凍結しているなんて場合もあります。水が出るのにお湯にならない場合、ここで給湯器のトラブルを疑います。落雷なんかでブレーカーが落ちてる場合もあるのでまずはブレーカーの確認を。もちろん自分の手に負え無そうなときは業者に相談してくださいね。